〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目3番3号
G1ビル7階

TEL : 03-4530-9287

儲かるビジネスモデル

第109話:後継者がいなければ「儲かる商売の仕組みづくり」で事業売却すべし!

「私も、夫も二代目としてそれぞれの会社を継がなければならないのですが、家族経営でなんとかなっている状況ですので、あまり前向きに考えられません。といっても、お互いに一人っ子同士で兄弟姉妹がいませんので、私たちが継ぐ以外のことはなかなか考えられません。どのように気持ちの整理を...

詳細はこちら

祝!エッセンスブック第二弾出版しました!

儲かるビジネスモデルに変える「事業未来図」の活用3大ポイント

「自走する組織(従業員が自ら考え、対話し、行動する組織)」をつくり、営業利益率12%超を実現していくための、「事業未来図」を使った儲かるビジネスモデルに変えるポイントを解説した注目の書。

「儲かるビジネスモデル」と「自走する組織」で「儲かる商売の仕組み」を構築する、社内体制構築と仕組みをつくるノウハウを体系化。

「事業未来図」を活用して「自走する組織で営業利益率12%超を実現し毎年、着実に利益を上げて億円単位の利益を実際にもたらす! 経営者待望の仕組みづくり!」を、わかりやすく解説しています。

是非、お買い求めいただき、「儲かるビジネスモデル」と「自走する組織」で「儲かる商売の仕組み」を構築してください。

題名:儲かるビジネスモデルに変える「事業未来図」の活用3大ポイント

目次

Ⅰ.営業利益率12%超を稼ぎ続ける組織に変革する「事業未来図」とは?!
  ・「社長の夢」を実現するための「羅針盤」
  ・「管理する組織」ではなく「自走する組織」へ
  ・絵に描いた餅で終わらせない最強の経営戦略ツール
 
Ⅱ.「事業未来図」のポイント①「高付加価値・高価格」の設定
  ・業界内のフェラーリ・ポルシェを目指せ
  ・あなたの会社の売れ筋商品・サービスは何か?
  ・高付加価値で高単価を目指すために

Ⅲ.「事業未来図」のポイント②「属人性を排除」した顧客との関係づくり
  ・中小企業に「スーパー社員」は要らない
  ・平均的な能力さえあれば対応できるツールやマニュアルが不可欠
  ・ターゲット顧客には、会社として取引をすべし!

Ⅳ.「事業未来図」のポイント③「集団を自走する組織に変える」仕組みづくり
  ・烏合の衆をいくら焚き付けても意味がない
  ・最初に組織をつくり、仕組みを整える
  ・従業員がやる気に満ちる場をつくるために必要なもの

Ⅴ.「事業未来図」で社長が手にするものとは・・・ 
 ・営業利益率12%超を稼げるビジネスモデルに変革できる
  ・売れる仕組みとお金を残す戦略で、強い会社をつくれる
  ・強い会社の仕組みを横展開することでグループ経営が可能となる

サイズ:A5判

販売価格:2,200円(税込)

ご購入はこちらからどうぞ
儲かるビジネスモデルに変える「事業未来図」の活用3大ポイント

祝!エッセンスブック第二弾出版しました!

儲かるビジネスモデルに変える「事業未来図」の活用3大ポイント 「自走する組織(従業員が自ら考え、対話し、行動する組織)」をつくり、営業利益率12%超を実現していくための、「事業未来図」を使った儲かるビジネスモデルに変えるポイントを解説した注目の書。 「儲かるビジネスモデル...

詳細はこちら

【リアルセミナー開催しました】儲かるビジネスモデルに変える「事業未来図」の活用5大戦略セミナーを開催しました。

1月25日(水)東京・神田にて、弊社代表の髙窪による、「儲かるビジネスモデルに変える「事業未来図」の活用5大戦略セミナー」を開催しました。 なお、本セミナーのテーマに関する拙書(エッセンスブック)を出版準備中です。出版になり次第、ご連絡させていただきます。ご参加いただきま...

詳細はこちら

第82話:稼げる組織化で、経営者は経営に邁進すべし!

「起業してから、DXなどの環境変化だけでなく、人とのご縁にも恵まれてここまでやってきました。そろそろ、個人商店ではなく、本当の意味で会社組織にしたいと考えているのですが、どこから手をつけていったらいいのか、さっぱりわかりません。どのようにしていけばいいのでしょうか?」──...

詳細はこちら

第81話:経営者なら知っておきたい銀行員の特性!

「銀行にこちらからアプローチするというのは、普段しないので結構ハードルが高いですね。私みたいな小心者(笑)が、銀行に依頼する際の留意点などあれば教えてください。」──弊社コンサルティングを受けた後、銀行への依頼準備をされている製造業の社長からのご相談です。 前提の説明が長...

詳細はこちら

第80話:営業が苦手な中小企業経営者は、新規営業の仕組みで稼ぐべし!

「最近、既存取引先からの受注が減少してきており、原材料費の高騰などの影響も考えると、ジリ貧の状況に落ち入りそうです。このため、新規営業で減少分を挽回しようとしているのですが、アポイントさえ入らずに苦戦しています。お恥ずかしながら、社長の私が営業苦手なので、どうしたらいいか...

詳細はこちら